goodbye youtube
goodbye youtube
ば~~~かじゃねえの? ハルパゴス
ば~~~かじゃねえの? ハルパゴス
メロディ(Melody)
メロディ(Melody)
デリカテッセンにて紅茶を(terrace)
デリカテッセンにて紅茶を(terrace)
ANGELINA JOLIE * Mr. & Mrs SMITH GUN TRAINING *
ANGELINA JOLIE * Mr. & Mrs SMITH GUN TRAINING *
影の伝説
影の伝説
ロング・グッドバイ (ライブ) ミッシェル・ブランチ
ロング・グッドバイ (ライブ) ミッシェル・ブランチ
Lost Universe Creditless Opening (Song: Infinity)
Lost Universe Creditless Opening (Song: Infinity)
Final Fantasy IX Ending
Final Fantasy IX Ending


樹の上の草魚 (講談社文庫)
「ペニスのことなんて誰に相談すればいいんだ?」って見出しは嫌いですが、男の子から女の子に心と体が変わっていく主人公の繊細な心、戸惑い、葛藤と主人公をとりまく人々の心がなんて美しいんでしょう?と感じました。私は性同一性障害者で今は女性ですが戸籍は男性です。誰にも自分が女と言えず自分を男と洗脳してた時代があり、最初は男と自覚していた主人公とはまったく違うのですが、部分、部分で共感できる部分もありました。世の中、性欲を絡めた同じような本はあるのですが、この本はまったく別ですね。たくさんの人が読んでほしいと思っています。そして続編とか主人公以外の視点から見たストーリーというのも読んでみたいとも感じました。

 

ピアノソロ ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーIX (ピアノ・ソロ)
難易度高し!ということで、☆は4つにしましたが、
この「9」のピアノアレンジはとても良いです!!

オリジナルも、かなり心に残るメロディが多く(その分シリーズ中、良いとこどりで個性が霞む、なんて評があったりもしますが)、
オリジナルを踏まえて、ピアノで世界観を広げているような感覚です。

ぜひ、白鳥英美子さんの歌声を思い出しつつ、
ジタンたちの旅を奏でて欲しいです。

ちなみに、温かい旋律が多いので、プレイしていない人もピアノ曲として楽しめるのではないかと思います。
CDのほうも、ぜひ一聴して欲しいですね!

 

友だちのうちはどこ?〈ワイド〉 [VHS]
イランが世界に誇る巨匠アッバス・キアロスタミの代表作。イラン北部の小さな村を舞台に繰り広げられる牧歌的であり大人の世界を少し覗いてしまう少年による成長の一日。友達のノートを誤って持って帰ってしまった少年が、そのノートを返そうと友達の家まで右往左往する様子をドキュメンタリータッチで淡々と進ませていく。道ににたむろするおじいさんおばあさん。忙しく家の仕事をするおばさん。突然路地から現れる大きな牛。数々の困難から少年は成長してゆく。子供からの視点でカメラはそれらの出来事を克明にとらえる。右へ左へ折れるジグザグな丘に開かれた道をひたすら友の為に走る、あの少年の姿が目に焼きついて離れない。

 

ロング・グッドバイ (初回限定生産) [DVD]
この映画を楽しむには、まず、チャンドラーの「長いお別れ」を読んでいること。次に、ロバート・アルトマンの「マッシュ」をみていること。そして、推理小説を映画化する場合、結末を自由に変えられるという法則を知っていることが必須です。

私は、最初に30年近く前に映画館でこの映画を見たのですが、ベトナム戦争後のアメリカを象徴しているようなあのけだるい音楽や、最後の主人公が歩いていくシーンが強く印象に残っていて面白い映画だと思いました。ビデオも安売りしていたのでもう一度見ようと思って買ってあり、今回見たのですが、主人公が猫の餌を買いにいって缶に入れ替えるシーンや、守衛が物まねをやるところ、そして最後のシーンなど、十分楽しみました。ただ、テレビサイズにカットされていて、残念でしたので、DVDはカットされていないので楽しめると思いますので、まず、チャンドラーの小説を読み、次に「マッシュ」の映画の中のおふざけを楽しんだあと見てください。


 

テネシー・ウィリアムズ しらみとり夫人・財産没収ほか (ハヤカワ演劇文庫 6) (ハヤカワ演劇文庫) (ハヤカワ演劇文庫)
テネシー・ウィリアムズの戯曲集。
「しらみとり夫人」、「財産没収」、「バーサよりよろしく」、「風変わりなロマンス」、「ロング・グッドバイ」、「話してくれ、雨のように・・・」、「東京のホテルのバーにて」の七編を収録。
どの作品も人間の絶対的な孤独をテーマにしており、現代人の心に突き刺さる内容である。
「しらみとり夫人」「財産没収」「バーサよりよろしく」の三作は、幻想に逃避する女性(娼婦ないし娼婦的)の孤独と繊細さ、儚さを描いており、「欲望という名の電車」に通じる。
「ロング・グッドバイ」は崩壊した家庭と男性主人公の旅立ちを描き、「ガラスの動物園」に通じる。
「東京のホテルのバーにて」は、日本を舞台にして精神的に追い詰められた画家と奔放な妻の運命を描いた作品。台詞が短く小出しにされており読みにくいのがやや難点。
ウィリアムズの戯曲は名作ぞろいであるため、ハヤカワ演劇文庫が第二巻を出してくれることを切に願う。

 

あるぺじお ~きみいろのメロディ~ 初恋メモリアルパック
笑いあり、感動もあり、ストーリーもよく音楽もいいです。特に音楽が好きな方には熱中するものがあると思います。切手も切れないものがあるものだな〜!!とつくづく感じました!お安いお値段だったら迷わず購入を!

 

ロスト・ユニバース (1) (角川コミックス・ドラゴンJr.)
ロストユニバースとは小説が始まりで、スレイヤーズで有名な神坂一先生原作のマンガですね。ロストユニーバス(略してロスユニ)は色々メディア展開されました、小説から始まり、アニメ、マンガと、三つが三つ違う話になっていてどれも楽しめます、個人的には小説版ロスユニが一番好きですがこのマンガ版も面白いです、このマンガは、小説の挿絵を描かれていた義仲翔子先生が描かれているので、絵が変わっているからちょっと…とかも思わなくてもすむと思いますし。なんかグダグダした文になってきたのでこの辺で、とりあえず、ロスユニは面白いですよ、もしマンガを買う気がるなら、合わせて小説の方も買うの事をオススメします。

 

ロング・グッドバイ [DVD]
初発売時は、「2枚で¥1,990」キャンペーンでしたので、実質¥995。
価格は定価で4倍になりましたが、映像特典が増えてはないようです。
ポストカードは、付きますが・・。
同デザインのジャケットは、割と好きです。

 

Starting again
ちょっとした感動をさせていただきました。まさか保志朗版のあの曲が聞けるなんてっ………!っていう感じです。林原さんも良かったけど、保志朗も負けてませんよ〜。まだ聴いていない保志朗ファンの方に超おすすめな一枚です!
相変わらず英語の発音が素晴らしよ保志くん。

 

ロスト・ユニバースすぺしゃる (角川コミックスドラゴンJr.)
ナイトメア壊滅後に、ケイン&キャナルがミリィと合流してトラコンを再開してるところから始まります。

ソードブレイカーの不調もあり、キャナルは調子が悪い。ある日、ケインはこれからの事を話し合う。キャナルは一緒にいる事を望み、キャナルを修復する手がかり探しが始まる。すると、意外な展開が!!!

オマケとして、今までのコミックに載せられなかった話(連載終了後に2回ほど特別に連載されてた時の話らしいです)のうち1話も載せられていて、俺のようにドラゴンジュニアを読んでなかった人には絶対オススメです!!